CHICKS RIOT! | 高円寺大道芸 fes 2019 「アートデアソベ」 フォトレポ

CHICKS RIOT! | 高円寺大道芸 fes 2019 「アートデアソベ」 フォトレポ

CHICKS RIOT!の地域活動2019-2DAYS

ひー。もう季節が変わっているけど…遅ればせながらこの春に『高円寺びっくり大道芸』で行った「アートデアソベ」の写真をまとめました。

先に説明を入れておくと、「アートデアソベ」とは高円寺のギャラリーカフェAMP caféさんとCHICKS RIOT!が共同企画しているワークショプイベント。毎年『高円寺びっくり大道芸』の中で、高円寺中央公園を会場にして行っています。アート展に絡めたアンプラグドライヴや親子で参加できるデイタイム企画『CHICKS RIOT! camp』をAMP caféさんでやっていたご縁からお声がかかり、今年で5年目になりました。

CHICKS RIOT!が初めて参加した年に出会って以来、毎年来てくれている女の子がいるのだけど、その子が今回「もう中3になったんだよ」と教えてくれた時はびっくり。でも、もう5年やっているのだからそりゃそうよね。小5だったその女の子は最初はひとりで、翌日に弟くんを、翌年にはご両親を連れて…結果毎回親子で来てくれるようになったんですね。だからもう毎年「1年経つのは早いですねえ」って言いながら少しずつ大きくなっていく姉弟を見守っています。こういうの、なんかいいですよね。

そんなほのぼのとしたドラマもあるイベントです。私は“CHICKS RIOT!の地域活動”と呼んで参加しています。

さて、今回参加いただいたのは、パンクロックバンドJETBOYSのギタリスト&ヴォーカリストで、イラストレーターでもあるオノチンさん。毎回盛況の似顔絵屋さんは今回で3度目です。パンクファッションに身を包むオノチンさんが青空の下で地元の小学生女子グループや赤ちゃん連れのファミリーに囲まれる姿を目撃できるのは、今のところここだけでは? 来年もきっと同じ場所でオノチンさんに会えるはず。今からご期待ください。

また、今年は初めて女性書家チーム無限未来さんにも出店いただきました。私も小中高と書道を習っていた一応段持ちの人間だけれど、私のやってきた“お手本通りに書く”ものとはまったく違う書道を教えている方々です。型にとらわれない表現としての書道を教えていらっしゃり、書家としてのアート活動もなさっています。今回はトートバッグに古代文字を描いてみようというワークショップをオープン。子どもたちが夢中になってやっている姿は、見ているこちらまで癒されます。「できた〜!」と筆を置いた時、本当にい〜い顔をしているんですよね。

そして、CHICKS RIOT!が初年度からやっている「ギターを弾いてみよう」。小さい人も大きい人もジャカジャーン!と弾いていただきます。例えば、小さい子どもたちがギターを持つとたちまちロックスターへと変身。親御さんたちの「こっち向いて〜!」のリクエストに応えながら、とびきりの笑顔でカメラへ向かってポーズ。でなければ、うちの先生がギターをジャカジャカ弾き始めると、その周りでピョンピョン飛び跳ねながら全身でエンジョイ。大人がギターを握れば、ジャカジャカ弾きながら好きな音楽の話がスタートしたり。小さい人も大きい人も、みんなキラキラしていて幸せを感じる光景が広がります。

そうそう。冒頭に書いた女の子はこの「ギターを弾いてみよう」に参加してくれたことが知り合ったきっかけ。みんなで「筋がいいね!」なんて言っていたら同じ日に何回か戻ってきてくれて、さらに翌日は弟くんも連れて弾きに来てくれて…それがもう5年。今年は一緒に来た中学校のお友だちと賑やかにギターを弾いていました。もしこの先ガールバンド組むことがあったら私に声をかけてね!(笑)

大元のフェス名にもある大道芸のパフォーマンスがひっきりなしに行われていたり、ジャグリング体験など大道芸絡みのワークショップもあるから、会場の公園はこんな風に1日中たくさんの人で賑わっています。来年もまた4月最後の週末に開催されるはず。みなさん、どうぞお楽しみに。本文中で触れていなかったけど、VAMP! SHOPの出店もゆるりとやっています(笑)。

CHICKS RIOT!カテゴリの最新記事