Peachy Doll Records | THE Riff Randells “Parties Are My Favourite”

Peachy Doll Records | THE Riff Randells “Parties Are My Favourite”


“ロックンロール・ハイスクール”から飛び出してきたような、
ラモーンズとニッキー・コルヴェットと
ザ・ドナスを混ぜ合わせたような、
マスタードの効いたホットドックと
コカコーラやドリトスの味がするような…
カナダのバンクーバーから飛び出してきたリフ・ランデルスは
そんなイカしたバンドだよ!

ラッセル・クアン
(ファントム・サーファーズ/フレークス/ボビーティーンズ他)

※以下2004年当時のプレスリリースより

“Parties Are My Favourite”

カナダのバブルガム・ポップパンクバンド、リフ・ランデルスが今秋初来日。 今回のツアーに合わせ、急遽来日記念盤をリリース。新曲「Double Cross」「All I Know」、プロデューサーであるトラヴィス・レイミン書下ろしの「17 Ways」、ザ・Bガールズ他、彼女たちのルーツや音楽的感性の分かるカヴァーを収録。ニッキー&ザ・コルヴェッツ、ザ・Bガールズ、ボビーティーンズなどのガールポップ好きなら、好きにならずにはいられないサウンドです。

リフ・ランデルスの1stアルバムは今年中にリリースされるそうなのですが、本作は完全独自の内容を収録。また、リフ・ランデルスにとって日本デビュー作ということにもなります。まだ1stアルバムも出ていないにも関わらず、本国より先に日本でアルバムがリリースなんてすごくないですか! ぜひ注目してください。

 

[タイトル] Parties Are My Favourite
[発売日] 2004/09 [レーベル] PEACHY DOLL Records
[品番] PDR-001CD
[価格]1,785(税込価格)
[ONLINE SHOP] VAMP! ONLINE SHOP

[tracks]
01.Bandana(THE LITTLE GIRLS)
02.Double Cross(THE RIFF RANDELLS)
03.Fun at the Beach(THE 'B' GIRLS)
04.17 Ways(TRAVIS RAMIN)
05.Mickey(TONI BASIL)
06.Robot Man(THE GYMSLIPS)
07.All I Know(THE RIFF RANDELLS)
08.Japanese Boy(ANEKA)

Mini-Bio

99年夏、カナダ・バンクーバーで結成されたティーンポップ・パンクバンド。
現在は、オリジナル・メンバーであるキャシー(Vo&G)とアン・マリー(Dr)のみ。

本作では、プロデューサーのトラヴィス・レイミン(THE FEVERS、THE SHORT FUSES)が全曲でベースをプレイ(トラヴィスは翌春ニッキー・コルヴェットの来日公演でドラマーを担当。ニッキの曲を、ニッキー本人と共作)。そして今回の初来日公演では、初CD音源『THE RIFF RANDELLS』でベースを担当していたジャスティンが同行します。

ちなみに、キャシーとジャスティンは、ハーフ・ジャパニーズ。2002年には米パンク雑誌『マキシマムロックンロール』の表紙を飾ったり、英『ケラング』誌で「今週のシングル」で取り上げられたことも。ここ最近では、ボビーティーンズやニッキー・コルヴェット等と共演したりもしています。

discography

  • Riff Randells s/t 7″(03/2000)
  • Who Says Girls Can’t Rock 7″(09/2000)
  • How ‘BoutRomance 7″(08/2001)
  • (THE BOBBYTEENSティナのレーベルLIPSTICKからリリース)
  • Riff Randells s/t CD/EP(03/2002)
  • Lethal Lipgloss 10″ EP(10/2002)
  • Lethal Lipgloss 7″(03/2003)

【CD】リフ・ランデルス『パーティーズ・アー・マイ・フェイヴァリット』
Peachy Doll Records
PDR-001CD
2004年リリース

購入はこちらで▶︎
VAMP! SHOP


LABELカテゴリの最新記事