Interview | Bombón(U.S.A)

Interview | Bombón(U.S.A)

Bombón(ボンボン

新しい友だちをたくさん作って、
素晴らしい日本の食を堪能したい!

カリフォルニアからやってきたサーフ&ガレージ・トリオ・バンドBombón(ボンボン)。一昨日無事に来日、昨日から初めてのジャパン・ツアーがスタート。メンバー憧れThe 5.6.7.8’sとの共演をツアー初日で果たし、本日(8/7)本誌が主催するCHICKS RIOT!に登場いただく運びになっています。

さて、そんな彼女たちの生の声を届けたいとVAMP!としてインタビューを試みたのですが、諸事情により回答を受け取ったのは3日前。CHICKS RIOT!の開催準備をしていて翻訳している時間がなかったため、バンドの歴史や音楽話については後日改めて…にさせてもらい、最後の最後に答えてくれたメッセージを先にご紹介したいと思います。初来日でドキドキワクワクしている3人のコメントとメッージを、取り急ぎどうぞ。

 

Member(L→R) : Paloma (B) Angela(G/Vo) Jerico(Dr)
Interview / Text : Ayumi Tsubouchi(VAMP!/CHICKS RIOt!)

——初めての来日ですね。今どんな心境ですか

Angela とっても興奮しているし、ちょっと緊張もしているわ!

Paloma 私たちは随分長い間、日本へ行きたいって思っていたの! 演奏したり、いろんな人と出会ったり、素晴らしい日本の食事を食べたりできることにワクワクしている!!! 私たちはみんな日本文化がとっても好きなのよ。

Jerico 興奮しすぎて、私なんか、今回の次にまた日本へ来ることを考え始めているくらいよ。

——ジャパン・ツアーではどんなことを楽しみにしていますか?

Angela 新しい友だちがたくさんできるといいなと思うわ。あとは、美味しい日本の食事に挑戦するのを楽しみにしているの。

Paloma 新しい友だちや音楽との出会いに期待しているわ。

Jerico 私はたくさん歩き回って、たくさん美味しいものを食べて、お買い物をして猫カフェにも行きたいわ。そして、そう、友だちを大勢作りたいわね!

——今回The Trashwomenのティナが初来日するBonbonのために応援コメントを書いてくれていて、フライヤーに掲載しているのですが、読んでみてどうでしたか?

Angela 私たちは全員ティナのことが大好き!! 私たちのためにコメントを書いてくれたなんて夢みたいだわ!

Paloma ティナって本当に素晴らしいわ。彼女の存在は常に励みになっているの。私たちがこのバンドを始めた時からたくさんサポートをしてもらっているからね。今回もあんな素敵な言葉を綴ってくれていて! ティナ、本当にありがとう!

Jerico 光栄すぎるくらいのことを私たちにしてくれているわ。ティナは最高よ!

——VAMP!読者やファンのみなさんへメッセージをいただけますか?

Angela 自分自身を好きになるって大事なことよ。自分のやっていることに自信を持ってね!

Paloma 何かやりたいことがあったら、とにかく挑戦してみて! 遅いなんてことはない。そして、誰かの作ったルールに従う必要なんてこともないのよ。自分自身でいることが大事だと思う。

Jerico とにかく、楽しむことよ。あとは、ハッピーになれることをとにかくやることだわ。楽しくないことをやる必要なんてないんだから!

Bombón
『A Date With Bombón』
I Hate Smoke Records
IHST-15
税込価格864円
発売中
ご購入はこちらから VAMP! Shop

INTERVIEWカテゴリの最新記事